本文へ移動

Mモジュール

motionCATモジュール 2相ステッピングモータドライバ

製品名
軸数/チャンネル数/入出力点数
Bus/通信

 
 
添付ソフトウェア
Mモジュール
1軸   
Motionnet
motionCAT モジュール
 

概要

■コンパクトなステッピングモータドライバーを内蔵
■ステッピングモータとダイレクトに接続
 
motionCATの通信モジュールと組み合わせることで、用途や仕様に即した形で、
2相のステッピングモータの制御が 省配線motionCATシステムで可能になります.
 
◇ HM-M1200C はmotionCAT スレーブとして機能するコントローラを含んだ2相ステッピングモータドライバ
◇ オープンループ,脱調検出,脱調レス,センサレス原点復帰と4種類の動作モードが選択できます.
◇ 他のmotionCAT スレーブと同様に1枚の通信ボードに対して1~6 枚のスタックが可能です.
 
■ 最大出力電流 2.0 [A]/相(M1200C)
■ 最高250分割まで10種類の高分解能
  マイクロステップによって極めて滑らかな動作が可能(最大応答周波数 2MHz)
 

ダウンロード 添付ソフトウェア

標準添付ソフト
Windows版 3.54版 2019.07.16
HPCI-MCAT520M, HPCIe-MCAT620M, HCPCI-MNT720M

圧縮ファイル内(次のような内容が含まれます)
ドライバパッケージ  
サンプルプログラム  
テスト・確認用
ソフトウェア
「動かしてみる」用各種ファイル
ユーザーズマニュアル/アンインストール用実行プログラム/ReadMe(より詳細なフォルダ構成とファイル一覧)

Windows版
HPC104-MCAT110M

圧縮ファイル内(次のような内容が含まれます)
ドライバパッケージ  
サンプルプログラム  
テスト・確認用
ソフトウェア
「動かしてみる」用各種ファイル
ユーザーズマニュアル/アンインストール用実行プログラム/ReadMe(より詳細なフォルダ構成とファイル一覧)

Windows版 2.36版 2019.05.23
HM-GU00T

圧縮ファイル内(次のような内容が含まれます)
ドライバパッケージ  
サンプルプログラム  
テスト・確認用
ソフトウェア
「動かしてみる」用各種ファイル
ユーザーズマニュアル/ReadMe(より詳細なフォルダ構成とファイル一覧)

→ 対応OSについてはこちら
テクニカルノート
CPDシリーズ → motionCATソフトウェア移行時の注意
 
TOPへ戻る